ビジネス

WordPressで記事内容を3秒で一括置換!Search Regexの便利すぎる機能紹介

こんにちは、じゅんです。

大量の記事を投稿してしまった後に、変更や修正が必要になって、WordPressの記事を1つずつ開いて修正作業をした・・・なんて不毛な作業をした覚えはありませんか?

例えば、ASPからのコードが変わって500記事書いちゃったのに、リンク変更しないといけない!とか

SSL化した際に、リンク先を『http://〜〜』から『https://〜〜』に変更したい!

とかですね。

そんな時に1つずつ記事を修正なんて気が遠くなる作業ですよね。

今回はそんな無駄な時間をサクッと解消する素晴らしいプラグイン【Search Regex】のご紹介です。

このプラグインを使いこなせば、修正作業が一撃で解決して、あなたの作業時間を大幅に減らしてくれますので、ぜひ活用してみてください。

一括置換してくれるSearch Regexのインストール

WordPressにログインして、【プラグイン】⇛【新規追加】から
『Search Regex』と入力し、プラグインが表示されたら【今すぐインストール】をクリックしてインストールしましょう。

インストールが完了したら、【有効化】をクリックします。

これで、Search Regexの使用準備は完了しました。

さっそく置換してみよう

Search Regexを使用する際は、左のメニューの【ツール】から選択します。

一括置換する場合

STEP1

『Search pattern』に置換したい文字を入力し、『Replace pattern』へ変更後の文字を入力します。

STEP2

画面下に置換する該当箇所と数が表示されるので間違っていないか確認します。

 

STEP3

『Replace』ボタンをクリックして、置換状態を確認します。

STEP4

問題なければ、『Replace&Save』ボタンをクリックしてください。
これで一括置換は完了します。

『Replace&Save』をクリックしたらやり直しや取り消しができないので、しっかりと確認してから実行しましょう。

一括削除する場合

Search Regexを使用すれば、WordPressで削除したい文字や文字列を削除することも可能です。

やり方は簡単で、先程の変更後の文字をいれる欄を空白にするだけです。

そのまま『Replace&Save』ボタンをクリックすれば、一発で削除が完了します。

さらにSearch Regexを使いこなす

先の説明だけでも十分に便利なSearch Regexですが、更に使いこなせることができます。

【Post content】をクリックします。

  • Comment author – コメントの名前
  • Comment author email – コメントのメールアドレス
  • Comment author URL – コメントのURL
  • Comment content – コメントの内容
  • Post content – 記事の本文
  • Post excerpt – 記事の抜粋
  • Post meta value – 記事のカスタムフィールド
  • Post title – 記事のタイトル
  • Post URL – 記事のURL

これらを変更することで、置換する場所を指定することができます。

殆どの場合は、記事の本文ですが、場合によってはこれらを変更することで、指定した箇所の置換をすることが可能です。


ABOUT ME
JUN
JUN
ネットビジネスを通じて、多くのメンバーに稼がせる為に活動中です。