アドセンス狩りの対策方法と意味は?2013年に対応完了?

2012103121032324f

グーグルアドセンスをしている人はみんな1度は聞いたことがあり、
恐れているといっても過言ではないのがアドセンス狩りというものです。
アドセンス狩りの意味やその対策方法と2013年の最新情報をまとめていきます。

 

どんな物事でもそうですが、
リスク管理をするという能力は非常に重要になってくるでしょう。
そもそもリスク(Risk)とは『未だ発生してない危機』という意味です。

 

今日交通事故にあうかもしれない。

今年会社が倒産するかもしれない。

 

あなたも無意識にリスクをきちんと管理していると思います。

 

グーグルアドセンスのリスク管理

当たり前のことですが、お金を稼げるのがアドセンスのノウハウなので、
稼げなくなるのがリスクです。

 

グーグルアドセンスで稼げなくなるパターンは2つです。

・アクセスが全くなくなる

・アドセンスのアカウントの停止または削除

 

これさえなければ安定して稼ぎ続けられますよね。

 

アドセンス狩りとは?

ご存知の方も多いとは思いますが、
アカウントを削除されるのは余程の違反を犯した時です。
その最たる例が『自己クリック』です。

 

もちろん、自分で広告を連打する人なんていないと思いますが、
なんと他人がそれをしてしまってもアカウントが停止・削除されてしまうのです。

 

さらには、自分の広告コードを抜き取られ、
わざとふさわしくないサイト(アダルト系など)にその広告を貼るなんて
悪質ないたずらもあったんだとか・・・。

 

これを総称してアドセンス狩りといいます。
稼いでいそうなサイトへの妬みや愉快犯なんでしょうね。

 

アドセンス狩りの対策

まずは、出来ることから対策していきましょう。
自分の広告コードを抜き取られてしまうという場合は
未然に防ぐことができます。

 

自分の認めたサイト以外には広告を表示しないという設定が出来るんです。
以下にその手順をご説明します。

 

1.アドセンス管理画面の『アカウント設定』を選択

_r2_c2

 

2.アクセスと認証という項目を編集します。

_r2_c2

 

3.自分のアカウントで特定のサイトの広告表示のみを許可するのチェックボックスを入れて
テキストボックスの中に、自分が許可するサイトだけを入力します。

_r2_c22

 

正しく設定されると以下のように許可していないサイトが
リンクを貼ってきたよというお知らせをしてくれます。

 

僕のサイトは10個もよくわからないサイトが広告を貼っているようです。
怖いですね・・・。

_r1_c1

 

これで、勝手に広告コードを貼られても安心な状態になりました。
しかし、まだ残っている問題が、勝手に大量にクリックされてしまうというものです。

 

不正クリックの対処法

誰かがあなたのサイトの広告をクリックしまくると
グーグル側は不正クリックと見なしてしまう場合があるようです。
誰かがどこかでクリックするのを防ぐというのは不可能ですので、
この場合はクリック率が異常に上がっているかどうかを見ておく必要があります。

 

明らかにおかしい!と思ったら以下からグーグルに申請しましょう。

無効なクリックの連絡フォーム

これで未然にアカウントの停止は防げるはずです。

 

そもそもアドセンス狩りは対応完了してる?

2013年現在アドセンス狩りは終了している
という情報もありました。

 

2012年までは、不正クリックに対しては容赦なくアカウント停止などの
処分を下していたグーグルでしたが、この対応にかなり批判の声が
あがっていたようで、グーグル側がアドセンス狩りに対応したというのです。

 

これなら安心してサイトを運営していけそうですよね。
何かに怯えながらやるってのは精神的によくなりですで・・・。

 

もちろん基本的なグーグルの考え方は理解しておいてください。
結構あぶないサイトをよく見かけます。
こちらも一緒にチェックしておけば、バッチリとリスク管理できますよ。

 

グーグルアドセンスで警告?アカウント削除と広告配信停止の予防法