質問力はビジネスで稼ぐためには必須!?2つの鍛え方をご紹介!

こんにちは

じゅんです。

今日からイタリアへ輸入ビジネスをしに出張です。

今、福岡から韓国の仁川国際空港に向かう飛行機の中で、

この記事を書いております。

 

さて、今日のお話は

ビジネスで稼ぐために欠かせない

『質問力』

についてです。

 

質問力とは?

 

書いて字のごとく

なのですが、
相手から情報を聞き出したり、
相手が話しやすい状態にもっていく為の能力です。

 

質問力が高い =コミュニケーション能力が高い

 

と、言っても過言ではありません。

 

例えば・・・

 

あなたが月収100万円稼いでいて
質問される側だと思ってください。

 

そんな稼いでいるあなたに

初対面のじゅんが

 

『○○さん!どうやって100万円稼いだんですか!?』

『稼いだノウハウってどんなのですか?』

『何かコツとかってあるんですか?』

 

と、ガツガツ質問してきたら、

あなたは、

『うわぁ、こいつちょっとウザイ』

と、思っちゃいませんか?

 

なぜこうなるかと言うと、

自分よがりな質問だからです。

 

僕がもし、こういったケースで質問するのであれば、

『○○さん、月収100万円スゴイですね~』

『僕も月収100万円目指しているんですが、
稼ぐ前と稼いだ後って何か変わったことありますか?』

『よかったら1つだけコツを教えていただけませんか?』

 

というように、

自分よがりな質問だけでなく、
相手のことを褒めたり、
答えやすいように1つだけと入れてみたりして
質問していきます。

 

上手に質問してくる人は
相手を思いやっている質問が多いので、
好感度もアップしますし、
今後も良好な関係が続く事が多いですよ。

 

質問力アップが高くなると得られるメリット

質問力が高くなると、
ビジネスでは稼ぎやすくなるし、
自分より力が上の方との繋がりも強くなります。

また、ネットビジネスにおいては、
コンサルに入っている人にも有効です。
もし、あなたがコンサルに入っているのであれば、
そのチームのリーダーの方に
質問はよくしてますか?

 

大体の方が、聞けば答えてくれますし、
先程いったように、

教えて!教えて!

という感じではなくて、
上手に聞き出すというのが肝心です。

 

他のコンサル生と自分との一番の違いってなんですか?

稼いでいる◯◯さんがうまくいっている秘訣が1つあるとしたらなんですか?

 

など、先生が答えやすいように質問してみる。

 

そうやってコミュニケーションが取れれば
自ずとビジネスの結果もアップしていくでしょう

 

僕もお世話になっている経営者の先輩方と
話すときは、こういうことに気を遣ってます。

 

経営者の先輩もしっかりと聞けば、
いろいろな質問に答えてくれるのですが、
当然聞かないと答えてくれません。

 

・どうやって節税してるんですか?
・長く経営する為には何に気をつけてますか?
・従業員やナンバー2の育成方法ってありますか?

 

こんな事は、経営者の方から
話してくれるわけではないので、
こっちから聞かないといけないわけです。

 

待ってても、答えは教えてくれない

これは、ネットビジネスのコンサルでも一緒です。

 

コミュニティに所属していれば稼げるんでしょう?

教えてくれない先生が悪い

 

そんな風に、質問もせずに
もったいないことをしている人が多いと感じています。

 

質問力をアップさせる2つの方法

 

質問力をアップさせることは
そんなに難しいことではありません。

今日、この瞬間から意識できるかどうか?

です。

 

では、どうやったら質問力がアップするのか?

最初は考えてもわからないことが多いと思いますので、
僕が実際にやっている質問力の方法をお伝えします。

 

稼いでいる人の質問を真似る

もし、あなたがすでにコミュニティに所属していて、
稼いでいる人がいるのであれば、
その方の質問内容を見返してみましょう。

また、実際にセミナーのときの質問の仕方など、
すごく学べることが多いです。

 

おそらく殆どの人は、
そんなことを見ずにスルーしているはずなので
稼いでいる人の質問力をコピーすることを
大事にしてみてください。

 

質問される人に直接どんな質問がいいか聞いてみる

これが最も手っ取り早いやり方ですが・・・笑

直接、質問する人に

今までされた質問の中でどんな質問が良い質問って思いましたか?

と聞いてみちゃうことです(笑)

 

意外と教えてくれるものですよ。

 

ちなみに、僕が20代の頃に
お世話になっていた社長さんに聞いたら

 

『今まで一番苦しい時はどんな時だったか?』

『その状況からどうやって抜け出したのか?』

 

これが良い質問だったとおっしゃってました。

 

僕はこれを聞いて、
その後、経営者の方に質問をすると

『鋭いこと聞いてくるね〜』

と、お褒めの言葉をいただきます。

 

こういう質問は複数持っておくといいでしょうね。

 

 

まとめ

待っているだけではだめ

質問をする人によって相手の反応も変わる

良い質問ができるよう日頃から意識していきましょう。