アドセンスのクリック単価を意識してRPMを高くする方法

click

こんにちは、じゅんです。

今日はアドセンスで稼ぐ為に、
トレンドブログを実践している方に向けて

クリック単価

のお話をしていこうと思います。

 

 

アドセンスで稼ごうと、
ブログを実践している人は多くいますが、
徐々にCTRやCPC、RPMなどの数字を気にする人は
増えているんじゃないでしょうか?

 

RPMって何??

 

RPMとは1000アクセスきた時に、
何円になるのか?を示した数字です。

 

RPMが200円なら1000アクセスで200円の報酬が入ることに。

同じくRPMが500円なら1000アクセスで500円の報酬が入ります。

 

当然、RPMの金額が高ければ高いほど
報酬はアップすることになります。

 

RPMはクリック率とクリック単価によって導き出されます。

 

あなたのブログの1ヶ月の平均クリック率(CTR)が
1%だっとします。

 

そして1ヶ月のクリック単価(CPCが)が30円だったとします。

 

クリック率が1%なわけですから、
100アクセスで1クリックされますよね。

 

その単価が30円なわけですから、
100アクセスで30円
つまり1000アクセスだと300円となり
RPMは300円という計算になります。

 

当たり前のことですが、
なるべくクリック率を高くして、
1クリックの単価も高くすればRPMは必然的にあがっていきます。

 

 

RPMを高くする方法

 

同じアクセス数でも、RPMが違えば報酬にも大きく差が出てしまいます。

 

実際に僕のコンサル生でこのような事例があります。

 

 

RPMが200円のコンサル生の嘆き

 

Fさん
じゅんさん・・・1日10000PVなのに報酬額が2000円しかありません。
じゅん
RPM200円ってことですねー
Fさん
どうしたらいいんでしょうか・・・

 

RPMが700円のコンサル生の喜びの声

Kさん
じゅんさん!日給7000円超えました♪
じゅん
やりましたね!2万アクセス以上いったでしょ?
Kさん
いえ、1万アクセスです。
じゅん
え!?まじっすか!!

 

 

なぜこのようなことが起こるというと、
コンサル生のKさんの場合は意識的に
RPMを高くするようなブログの作りをしているからです。

 

例えば・・・

 

銀行系の広告のクリック単価が高いってご存知でしたか?

 

一度検証したことがあるのですが、
○○○銀行の広告の1クリック単価は
なんと162円もありました。

 

もし、クリック率1%で単価が162円だとしたら
RPMは脅威の1620円になりますからね。

 

ということは、銀行の口座解説関係の記事を書いたり、
○○○銀行はCMをしていますので、
そのCMについての記事を書いたりすれば
単価の高い広告がでることになります。

 

トレンドブログの最初の頃は
なかなか狙ったアクセスが集められなくて
苦労すると思いますが、徐々にこういった戦術を使っていけば
意図的にRPMを高くすることが可能となります。

 

RPMが低い人のほとんどは
アクセスを集めることだけに必死になって
芸能ネタばかり書いている人です。

 

芸能人の名前 彼氏

とかで検索してきてもあまり単価の高くない広告ばかりが表示されてしまい
アクセスがある割には稼げないということが起こってしまいます。
(だからと言ってまったく芸能ネタを書かないのもNGです)

 

ちなみに先程のコンサル生のFさんは、
芸能人や有名人ばかり記事にしていたのが原因です。

 

こういった突っ込んだ話は
僕のメール講座でしていきますので
興味のある方は勉強してみてくださいね。


※登録後すぐにメールが届かない場合は迷惑メールフォルダをご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です