脱サラで失敗する人の3つの共通点!起業して成功するには?

こんにちは、じゅんです。

 

今日は、今から会社を辞めて
自分でビジネスをしようかな

 

と、迷っている方へ
脱サラして8年目の
僕からいくつかのアドバイスを
お届けしたいと思います。

 

 

 

なぜ会社を辞めたいのか?

 

そもそものお話になるのですが、
この記事を読んでいるということは
少なからず脱サラや起業に興味があるんだと思います。

 

僕が会社を辞めようと思ったのは、
もっと自由に生きる人生の方が
楽しいと思ったから

 

すごく単純で、
小学生みたいな動機ですが
それが真実です。

 

 

あなたが会社を辞める理由が
なんなのかをもう1度考えてみてください。

 

 

もし、ただの『逃げ』なら考えを改めた方がいいと思います。

 

 

 

脱サラすると失敗する人の3つの共通点

 

僕が会社を辞めて
色々経験してきたり、

 

周りで脱サラして
失敗してきた人をたくさん見てきて

 

こういう人は脱サラしない方がいい
と思った3つの共通点についてお話していきます。

 

 

1:会社が嫌という負の理由で辞めた人

 

・今いる会社や職場、人間関係が嫌だから

・労働時間に不満があるから

・とりあえず辞めたい

 

などの負の理由で会社を辞めて
そのまま自分で何か起業しようとした人は
ほとんどといっていいほど1年も持たずに
またサラリーマンに戻るか
アルバイトをすることになります。

 

辞めたらなんとかなる

時間があればどうにかなる

 

という楽観的な考えで
会社を辞めてしまっても
稼げるような甘い世界ではありません。

 

もし、『逃げ』の思考をお持ちなら
多少辛くてもしばらく会社に務めて
いたほうがよいと思います。

 

 

2:お金の計算が出来ない人

 

これは脱サラする上で最低限必要な能力です。

脱サラして自分で稼ぐということは、
個人事業主であれ経営者です。

 

計算できない経営者は
すぐに破産してしまいますので、
会社を辞めるまえにある程度の計算が
出来ていないと一瞬で失敗してしまうでしょう。

 

特に飲食店など店舗を借りる人で
お店を開くことがゴールになっている人が多いです。

 

自己資金と銀行から融資を受けて、
お店をオープンするところまでは計算できていても
結局そのお店が長続きしなくては意味がありません。

 

これは独断と偏見ですが、
お店を構えようとしている人に

 

『お店の名前決まってる?』

 

と聞いて答えられない人は
だいたい失敗するかそもそもお店をひらけません。

 

やりたいって思っているだけで
リアルじゃないからなんですよね。

 

 

本気で脱サラしてなにかをするなら
リアルにイメージして計算しておかないと
いけないなぁと振り返ってみても思います。

 

 

3:状況が悪い時に立ち上がれるメンタルがない人

 

雇われずに自分で稼ぐということは
様々な状況を想定しておかなければいけません。

 

会社に務めていたら、
急な病気だったり怪我があっても
有休という制度があり最低限の生活の保証はあります。

 

自営業で特にあなたご自身がいないと
回らないビジネスであれば
もしも突然の病気や怪我があり
まともに動けなくなったら収入は激減するはずです。

 

そういう状況でも、
生活できるだけの資金があればいいのですが
もしも、そこから這い上がれないのであれば
雇われていたほうが精神的には楽です。

 

また、ビジネスは常に安定してうまく行き続ける
わけでもありません。

 

どんなにつらい状況でも、
そこから巻き返せるだけのメンタリティが
ないのであれば安易に起業することはオススメしません。

 

 

と、ちょっと脅すような内容になってしまいましたが
これが現実なのでお伝えしておきました。

 

 

起業して成功するには?

 

 

では、僕がなぜ8年間も、
とりあえず廃業せずにやってこれたのか?

 

まだまだ道の途中ですが
振り返ってみてオススメすることを
お伝えしていきます。

 

 

1:成功者を見つける

脱サラする人の多くは
まずは自分なりや独学で
ビジネスを行ってしまう人が多いですが

 

僕はまず、何をやるか?よりも
なるべく身近にいるすでに成功している人
を見つけることに専念しました。

 

これは最近になってわかって来たことですが、
ある程度財をなして、自由なお金と時間がある人は
やる気のある人を育てようとしています。

 

お金の為に頑張れなくなるそうです。

 

成功者の人の話をキチンと聞き、
アドバイス通りに行動することで
無駄な時間やお金をかけずに成功に近づくことができます。

 

何をやるか?

も、もちろん大事ですが、
すでにうまく行ってる人を見つける方が
圧倒的に効率的だと考えます。

 

 

2:在庫がないビジネスをやる

 

在庫罪庫

 

と言われるように、
在庫ありきのビジネスモデルは
初期のリスクが高いです。

 

僕自身はインターネットを活用し、
物ではなく情報を販売してお金を稼いでいます。

 

基本的には在庫が無いため、
もしも会社が潰れたとしても借金などは一切ありません。

 

まずは在庫がないビジネスからスタートして
その後、飲食やアパレルなど
自分が興味のあることに手を出そうと思っています。

 

30代はそのトレーニング期間だと思っているので
資産を作る時期だと認識しています。

 

 

3:固定費はなるべく無くす

これは家賃などが主になると思います。

何もしなくても毎月なくなるお金ですね。

 

これもリスクの1つです。

 

ビジネスが上手くいってるうちはいいですが
売り上げが落ちたりしても家賃が減るわけじゃありません。

 

固定費が高いビジネスモデルだと
倒産のリスクも高くなると思います。

 

このあたりを理解して脱サラすれば
雇われを抜け出し自由な時間をお金を作っていけるのではないでしょうか?

 

 

ということで、
最後は僕がやってることは素晴らしいんだよ

という広告になってしまいますが、
ネットを活用してリスク無く稼ぐというのは
本当に現代にあったビジネスモデルだと思っています。

 

 

今、脱サラや起業を考えている方は
ぜひ、僕のメール講座で勉強してみてくださいね。

※登録後すぐにメールが届かない場合は迷惑メールフォルダをご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です