アドセンスのクリック単価(CPC)が下がったまたは低い!と嘆くあなたへ

_r2_c2

 

こんにちは、じゅんです。

 

今日もよくある質問から
僕が毎回お伝えしている
クリック単価つまりCPCの低下について
お伝えしていきます。

 

これ、過去にコンサル生を教えていて
必ずといっていいほど当てはまるあるケースがあるので
今あまり稼げていない方は是非チェックしてみてくださいね。

 

 

CPC(クリック単価)を理解する

 

CPCは「Cost Per Click」の略で

 

クリック単価】

 

のことを指します。

 

広告がクリックされた時に
あなたに数十円入ると思うのですが
その平均値を表しています。

 

確認の方法ですが

 

アドセンスの管理画面から
パフォーマンスレポートをひらくと
すぐに表示されると思います。

 

スクリーンショット_030715_102914_AM

 

僕の場合は今までの平均が25円ということになります。

 

100回クリックされたら2500円

1000回クリックされたら25000円

10000回クリックされたら250000円

 

という計算ですよね。

 

100万PVあれば大体クリック率が1%とすると
25万円のアドセンス収入を得られることになります。

 

 

クリック単価(CPC)が低い人の特徴

 

さて、あなたのCPCは今どのくらいありますか?

 

CPCは基本的に『運』の要素もあるので、
単価の高い広告をクリックされまくればいいのですが、
低い広告ばかりの場合、ひどい日は

 

5クリックで15円

 

なんて、悲しくなる日もあります(涙)

 

CPCはこちら側で操作できるものじゃないので
CPCが低い!とにらめっこしても単価がアップするわけじゃありません

 

では、一体どうすればいいのか?

 

僕自身の経験とコンサル生のデータを見て
わかったことをまとめていきます。

 

 

特徴1:スマホからのアクセスが多い

 

スマホからのアクセスが多いことは悪いことではないのですが、
バランス的にスマホからのアクセスが多すぎると
CPCが低くなるというデータが出ています。

 

僕が運営するトレンドブログで
アドセンス広告を

パソコンからのアクセスと
スマホからのアクセスがわかるように設置して
データをとった結果、スマホの広告の方が
単価が低いということがわかりました。

 

スクリーンショット_030715_030502_PM

 

スマホに設置した広告は
平均してCPCが10円代しかなく
逆にPCからのアクセスだと単価が40円近くと高くなります。

 

スクリーンショット_030715_031346_PM

 

 

特徴2:若者向けの芸能系の記事が多い

 

特徴1からわかる通り、
スマホから検索されると単価が低くなる傾向にあります。

 

中学生や高校生などが
反応しそうな記事を書いても
単価が低い為、アクセス数は伸びても
報酬額がそこまで比例しないということが起こるでしょう。

 

ブログを強くするという意味では、
まずは単価を気にせずに月間で10万PV以上を目指し
それ以降は徐々に単価の高い記事を意識するのが効率的ですね。

 

 

 

特徴3:単価とクリック率を意識しすぎ

 

ちょっと厳しい言い方になりますが、
単価やクリック率を気にする人で
1日のアクセス数がせめて5000なければ
気にしている時間がもったいないです(笑)

 

データはある程度の数字がないと参考になりません。

 

ましてやCPCは運の要素があるので、
今日は低かったなど毎日気にしてたら精神的にツライでしょう。

 

データとしては月間10万アクセスくらいないと
あてにならないので、気にしすぎる人は
アクセス数や記事更新数などもっと別のところを
気にするようにしてみてください。

 

初期段階から効率よくなんていうことを考えていると
全然報酬が伸びませんので
まずはアクセス数を伸ばすこと!

 

これが最重要だと思います。

 

※登録後すぐにメールが届かない場合は迷惑メールフォルダをご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です